TOPページ < 待遇 < ボーナス

正当な対価は資格の誇り

→看護師転職サイトランキングを見る

毎年、夏期冬期のボーナスシーズンになると、話題に上るのが公務員の賞与です。景気上昇中は超大手企業の賞与に目を見張った経験のある人も少なくないことでしょう。しかし一つの時代が過ぎると、リストラの嵐となり、行方の定まらない笹舟を追いかけているような感じがありました。さて看護師のボーナスを他の職業と比較してみましょう。

まず昨年度の一般企業(超大手を除く)のボーナスは、夏期38.09万円、冬期40.9万円、臨時賞与5.5万円合計約84万円でした。これに対し看護師の年間支給額は約84万円、1000人を越える病院では100万円を超えるボーナスが支給されています。また国立病院勤務の看護師は4.15ヶ月の支給となっていました。単純計算で月額給与が30万円の人は約124万円が支給されていることになります。上記のいずれの数字も、職場内の査定や考査の対象になっているのはいうまでもありません。ここでも一般病院と国立病院勤務との格差の著しいことが明確に出されています。

一方、一般的に医療に携わる人には、篤い福祉の心と「助けたい」「お役に立ちたい」という奉仕の精神を合わせ持った人が多いようですが、なかでも看護師はそれらの資質を豊かに持ち合わせている人が多いことでは定評のある資格です。しかし、個人の自己犠牲の上で成り立つ仕事は、良い結果を生むことはないのです。正当な資格を持って携わった仕事に対しては、正当な対価で評価されなければなりません。

正当な対価を得ることは、資格に対する誇りでもあるのです。そうは言っても、最先端の医療現場では損得抜きで看護と治療が最優先されます。最先端の現場は、常に時代を呼吸し常に動いているのです。そうした月々の給与では正当に評価しきれない間隙を埋めるのがボーナスであり特別賞与なのでしょう。

看護師の有資格者で、自分の賞与に疑問を感じたら、転職エージェントへの登録を試みたらいかがでしょうか。自分と同年代・ほぼ同じ経験年数の看護師の待遇がどんなものか理解できるシステムが揃っています。転職サービスでは、日本のさまざまな医療現場で働く看護師の待遇を、施設ごと病院ごとにまとめています。転職サービスに登録することで、より充実した有資格者としてイキイキと看護できることを願ってやみません。

ボーナスが良い看護師求人なら以下のサイトで探そう!

第1位 ナースフル
オススメポイント リクルートが運営する看護師専門サイト!
第2位 マイナビ看護師
オススメポイント マイナビ運営の本格転職エージェント!
第3位 ナース人材バンク
オススメポイント 紹介実績豊富な人気転職エージェント!
ナース人材バンク