TOPページ < 転職事例 < アルバイト

即戦力が可能なアルバイト

→看護師転職サイトランキングを見る

アルバイト看護師だった人が転職するためには、転職サイトに登録した上で、転職のプロである担当者と相談する方法が一番ベターと思われます。

アルバイトというのは、短期間の間、仕事に従事する作業員のことですが、看護師のアルバイトは、何らかの理由で退職した後、復職するためのウォーミングアップとしてアルバイトに従事する人が多いようです。いわば「身体慣らし」、「勘を取り戻す」といった目的を持ってアルバイトをしていることになります。もちろんそうした目的ではなく、家庭の事情やその他の理由からアルバイト看護師になっている人も少なくないでしょう。

アルバイトからの転職は、病院などに勤務している看護師と同様、転職サービスがもっている各種のサービスを利用しての転職活動が、便利であると同時に効率も良いようです。というのは、仕事にブランクを持っている求職中の看護師に比べて、アルバイト期間に病院などで実際の業務が行われており、即戦力となる力を持っているからです。

炎色サービスに登録後は、看護師としてのそれまでの経歴、持っているスキルなどを担当者に伝えます。またどんな職場で働きたいか、ロケーションや託児所の有無に至るまで、希望する職場の待遇や福利厚生などをすべて出します。さらに看護師として学びたい分野に至るまで希望を提出します。

専任の担当者はそうしたデータを元に、入職候補の病院なりを数点ピックアップします。その中からさらに希望する職場を絞り込みます。その上で実際に病院を下見し、OKとなったら求人へ応募します。その間、履歴書の書き方や職務経歴書の書き方などを学び作成しておきます。

書類審査が通ればあとは面接です。面接に不安を感じる人には、模擬面接も行っています。面接に同行することも可能です。聞きにくい待遇面などを質問しり、場合によっては待遇交渉までしてくれます。

採用の返事があるまでも、PCスキルアップのための練習や、必要ならば先端技術のための研修までおこなってくれます。これらのサービスは一切無料となっているため、転職希望者は、乱暴な言い方ですが、「活用しなければ損」ということになります。

以上の方法で入職した場合、転職サービスによっては就職支援金が支給されることもあります。まさに至れり尽くせりのシステムといえるでしょう。詳細なデータを元に選抜した入植先が、希望していた職場になるのも当然かもしれません。

<看護師アルバイト関連コンテンツ>
検診バイト 採血バイト

アルバイトの看護師求人なら以下のサイトで検索しよう!

第1位 ナースフル
オススメポイント リクルートが運営する看護師専門サイト!
第2位 マイナビ看護師
オススメポイント マイナビ運営の本格転職エージェント!
第3位 ナース人材バンク
オススメポイント 紹介実績豊富な人気転職エージェント!
ナース人材バンク