TOPページ < 転職事例 < 既卒

既卒の看護師転職のコツ

→看護師転職サイトランキングを見る

現在の医療機関を見てみると、プリセプター制度を導入している所が多いようです。先輩の看護師が後輩と一緒になって行動をし、後輩の仕事に関してアドバイスをします。後輩にとっては、仕事をしながら先輩からの指導が受けられるので実践スキルを培うのに適した制度です。

しかしプリセプター制度は、場合によっては、看護師が心地よく働くのにネックになってしまうことがあります。それは新しく入ってきたナースが既卒の場合です。この時、場合によっては既卒のナースの方がプリセプターよりも年上、キャリアも上というケースが出てきます。 こうなるとプリセプターの方は、いろいろと困ってしまいます。例えば、アドバイスするにしても、相手の方がキャリアがあるので、どこまで指摘をすればいいのかわからないという人も出てきます。特に新しく加入した既卒の看護師が、それなりに仕事をそつなくこなせてしまうと、どのように接すればいいのかわからないということも出てきます。会社で、部下に年上の人がいると接し方に困ってしまう状況と似ているかもしれません。

既卒者で、例えば出産をしてしばらく現場を離れて職場復帰をする時には、担当のプリセプターが年下というケースも十分にあり得ると思ってください。 このような場合、どう対処すれば人間関係をスムーズにできるかというと、年齢が上の方から、どんどんコミュニケーションをとることです。例えば、「ブランクがあるので、何でも気になったことがあれば言ってください」などと最初に言っておけば、プリセプターも肩の力を抜いて、コンタクトが取れるでしょう。もしくは、何かわからないことがあれば相手から何か言われるのを待つのではなく、どんどん質問してみることです。このように自分からコミュニケーションをとるように心がければ、年齢が逆転している微妙な関係でも打ち解けやすくなります。

今後は既卒の転職情報もたくさん出てくるでしょう。看護師不足が深刻化していて、看護師免許を持っているけれども、現在は看護活動をしていない人をどんどん活用しようという流れがあるからです。働きやすい職場を見つけるためには、現場の雰囲気を理解することも大事です。外部からは、なかなかわからないことなので、転職エージェントに登録して、キャリアコンサルタントに相談してみましょう。キャリアコンサルタントは現場に足を運んでいるので、雰囲気などをよく知っています。

既卒看護師向けの転職サイトをご紹介!

第1位 ナースフル
オススメポイント リクルートが運営する看護師専門サイト!
第2位 マイナビ看護師
オススメポイント マイナビ運営の本格転職エージェント!
第3位 ナース人材バンク
オススメポイント 紹介実績豊富な人気転職エージェント!
ナース人材バンク