40代看護師の給料・年収

→看護師転職サイトランキングを見る

世間一般的に、看護師は高収入だといわれています。ざっと調べたところ、20代の看護師の平均年収はおよそ450万円、30代の看護師の平均年収はおよそ500万円、40代の看護師の平均年収はおよそ530万円だそうです。一方で、女性の平均年収は、およそ270万円だそうですから、やはり、看護師は高収入であると言えます。

ではここで、年代による看護師の年収の推移を、少し詳しく見ていきたいと思います。先に述べた、各年代ごとの看護師の年収を見てみると、20代から30代では、平均年収が50万円上がっているのに対し、30代から40代では、30万円に留まっています。一般的には、年次が上がるにつれ賃金もどんど上がっていきますので、女性の中ではかなりの高収入である看護師の年収が、年代が上がるごとにその振れ幅が小さくなっていくのは意外ですね。

女性は、20代のうちは、体力もありますし、独身である割合も高いです。新人として意欲に燃え、脇目も振らずに一心不乱に働くことができる時期でもあります。しかし、20代後半から30代になると、結婚、出産、育児とライフスタイルが変わってくることによって、自ずと働き方も変わってくるのでしょう。逆に、雇用する側からしてみれば、経験が豊富で優秀だけれども融通のきかない労働力、ということになるのかもしれません。では、30代から40代では、どうでしょうか?40代というと、まだ子供が小さくて手がかっていた30代に比べ、一見、子供の手が離れ、20代ほどではないけれど、またバリバリと働けるような時期のような気がします。しかし実際には、親の介護の問題が浮上したり、子供の進学の問題が重くのしかかってきたりと、30代の頃には想像だにしなかった変化が訪れているのも現状です。また、ライフスタイルの変化だけではなく、体力の衰えなどもひしひしと感じる年代でしょう。しかも、年齢を重ねてくると、若い頃には素直に聞けたことが、自尊心が邪魔をしてしまってなかなか聞けなかったり、逆に、指示を出さなければいけない方も、相手が自分よりも年上だと言いづらい・・・、といった具合に、職場の環境に適応し難くなってくるのも40代の特徴かもしれませんね。看護師の求人に限らず一般的に、女性向けの求人が「35歳くらいまで」としている場合が多いのは、こういった理由からでしょうか。

とはいえ、一方で40代は、看護部長、看護師長といった重大なポストに就くことも視野に入れることができる年代です。役職付の看護師ともなれば、同じ世代の上場企業の男性に近い年収を得ることも可能になります。同期で年収が横並びだった20代の頃とは違い、その格差の大きいきことが、40代の看護師の年収の特徴と言えるでしょう。

40代からの転職をお考えなら転職サイトの利用がオススメ!!

第1位 ナースフル
オススメポイント リクルートが運営する看護師専門サイト!
第2位 マイナビ看護師
オススメポイント マイナビ運営の本格転職エージェント!
第3位 ナース人材バンク
オススメポイント 紹介実績豊富な人気転職エージェント!
ナース人材バンク