30代看護師の給料・年収

→看護師転職サイトランキングを見る

一般的に看護師の年収は、女性の職業の中では高い方だと思われます。看護師の平均年収は約470万円。一方、女性の平均年収は、約270万円ですから、やはり、看護師の給与水準は高いと言えるでしょう。

看護師になる場合、高校卒業後に看護学校や看護大学に進学し、卒業後、国家試験に合格して病院になどに就職する。というのが、やはり一番オーソドックスな進路かと思います。となれば、20代の頃は、全員が言わば駆け出しなわけですから、お給料も横並び、個人の色を出していくというよりは、新人として、とにかく基本に忠実に仕事を覚え、場数を踏んで経験を積んでいく時期でしょう。それ故、多様な勤務体系にも柔軟に対応し、深夜勤務や残業も相当数こなすでしょうから、20代の看護師の平均年収は、一般の20代の女性の平均年収に比べてとても高いです。

では、30代の看護師ではどうでしょうか。看護師になった年齢にもよりますが、大半の看護師は、30代ともなると、勤続10年を超え、ベテランの域に入ってくるのではないかと思います。20代の頃は横並びだった業務内容も、個々人のスキルによって差が出てくるでしょうし、また逆に、結婚や出産といったライフスタイルの変化で仕事のペースを落として働きたいというのも30代の看護師の特徴かと思います。30代の看護師の平均年収は、500万円前後だと言われています。看護主任などの役職がついていれば、年収600万円から700万円の30代の看護師もいるようです。看護師も30代となってくると、男性の30代の給与水準と比較しても、引けをとりません。しかし、一般企業に勤める男性が、その後、右肩上がりの賃金上昇カーブを描いていくのに対し看護師の賃金カーブは、緩やかになっていきます。ですので、やはり、自分の個性を強く出した働きかたもでき、一方で、まだまだいろいろなことを吸収し、スキルアップも十二分に図っていかれる30代のうちに、賃金を上げておくのがベストかと思います。

ここまで、20代からキャリアを積んできた30代の看護師の給与に関して述べてきましたが、
30代で看護師としてデビューする方ももちろんいるかと思います。今は、本当にいろいろなことができる時代です。一度は、普通の大学に進学したり、一般企業に就職したけれど、やっぱり看護師になりたい!と、看護師を目指す方もいらっしゃるでしょう。結婚して子供を育ててみて、看護の仕事をしてみたい、と思う主婦の方もいらっしゃるかもしれません。人生80年としても、30代といえばまだまだ人生の折り返し地点にすら立っていません。新卒で看護師になった30代の方々とは、お給料などのいろいろな待遇や、仕事に対する扱いなどでもちろん差は出てくるけれど、「やっぱり看護師になりたい」という気持ちを強く持って、頑張っていってほしいと思います。

30代の転職は年収大幅UPのチャンスです!以下のサイトで高収入求人を探そう!

第1位 ナースフル
オススメポイント リクルートが運営する看護師専門サイト!
第2位 マイナビ看護師
オススメポイント マイナビ運営の本格転職エージェント!
第3位 ナース人材バンク
オススメポイント 紹介実績豊富な人気転職エージェント!
ナース人材バンク